(子どもが使う)PCにノートンセーフティマインダーと呼ばれる小さなアプレットを導入するだけで簡単に利用できるのが特徴。この手のソフトウェアで一般的なカテゴリ(例えばファイル共有、ポルノ、カルトなど40以上)ごとのフィルタ機能を備えるほか、mixiやGREEをはじめとする日本のソーシャルネットワークサイトにも対応している。また、インスタントメッセンジャーでの会話に対して、知り合いなら許可をし、知らない相手とは話せないように遮断するなど、通信相手ごとの制御も可能だ。

 詳細なリポート機能を備えているのも特徴の1つで、子どもが閲覧したWebサイトを時系列でトラックキングし、各Webサイトのサムネイル表示が行えるほか、インスタントメッセンジャーでの会話もすべてログとして保持される。Webベースのサービスになっているため、これらのリポートはiPhoneやiPadなどインターネットが利用できるあらゆる端末から閲覧できる。一方、これまでのペアレンタルコントロールと違うのは、保護者が一方的に子どものインターネット利用を制限するのではなく、子どもからの要請が行えるコミュニケーション機能を備えている点だ。

Webフィルタリング・監視でネットの危険から子どもを守る | Norton Online Family

子どもを監視するだけじゃダメ:シマンテックが「ノートンオンラインファミリー」を無償公開 – ITmedia +D PC USER