マクロミル:イマドキ中学生の実態調査

全国の中学生に携帯電話の1日の使用時間を尋ねたところ、は「3時間以上」が4割となりました。男女別にみると、「3時間以上」と回答した人は女子で51%と半数を超えており、男子(31%)と比べても高くなっています

携帯電話をどのように使っているか尋ねたところ、「メール」の利用は94%、「通話」は76%となりました。メールや通話以外では、「写真を撮る(68%)」、「音楽を聴く(64%)」、「ゲームをする(61%)」が6割超となっています。男子では、「ゲームをする(68%)」が女子(54%)に比べて高くなっており、女子は、男子に比べて「写真を撮る(79%)」、「コミュニティ・SNSの閲覧・書き込み(72%)」、「プロフ(自己紹介・ホームページ)(55%)」を利用していました。

男子は携帯のゲームに熱中し、女子は多様なコミュニケーション活動のツールとして携帯を活用しているようです。

携帯を使って、宿題を調べる中学生は84%

携帯の利用法も年々変わってきますね。


Garbagenews.comさんで紹介されてました。

こちらの記事もあわせてどうぞ
子供がネットトラブルを起こしそうな場所、親はちゃんと把握して……ない!?:Garbagenews.com