(読書感想文の大まかな構成)
 基礎情報(課題図書のタイトル、著者、物語の状況設定)の説明
→この本を読むまでは___と思っていた。
→実際に読んでみて考えが変わった。
→特に心動かされたのは___のところである。
→そこで***(登場人物)は____と考えて___する。その結果___になる。
→この箇所を読んで____と考えるようになった。
→今後も____について考えていきたい
→(あるいは)___するようになった。今後も___という行動を続けていきたい)
→(おしまい)

(読書感想文の大まかな構成)
 基礎情報(課題図書のタイトル、著者、物語の状況設定)の説明
→私は問題を抱えている
→主人公も同じ問題を抱えている
→主人公はこのように行動した
→私なら同じ状況に置かれたらこんな風に行動しただろう
→主人公はこんな結果を得た
→必ずしもベストの結果ではないが、問題に真剣に立ち向かったことは評価できる
→私も主人公のように__していきたい
→(おしまい)

子供の頃、読書感想文には苦労してました。
この構成方法なら立派な感想文がかけそうですね。

お子さんへのアドバイスとしても良さそうですね。

下記のサイトで詳しく解説されてますのでぜひ御覧ください。

こうすれば読書感想文が書ける/今すぐ使える穴埋めシートと構成パターン 読書猿Classic: between / beyond readers