1.子どもが食べることに集中できる食事の量、その量だと1日に何回の食事をすれば空腹が満たされるか、という基礎データを収集する。個人差は大きい。私の見聞きした例では、必要な食事の回数は1日2~8回。
2.1日の総食事量が妙に少ないor多い場合、医師に相談する。
3.最初は少ない食事を何回も食べるところからはじめ、少しずつ、1回の食事の量を増やし、1日の食事の回数を減らすことにチャレンジしていく。1日3回の食事に落ち着くまでには長い年月を要しますが、気長に取り組めば子どもを怒鳴らずにすみます。

勉強になります。

子どもが食事中に遊びだす理由と対処法