簡単に言えば、既に各種大手メディアやSNS / Twitterなどでも報じられている通り、現行の「大人:300Bq/kg未満、乳幼児:100Bq/kg未満」という水道水の放射能濃度(特にヨウ素131)の規制値は「仮にそのまま1年間汚染された水道水を飲み続けても、自然界の放射線に日常的に晒されて被曝する放射線量とせいぜい同じぐらいに設定してあり、健康被害がそもそも生じないレベルに厳しく抑えてあるということです。

やたら煽ってる&煽られてる人達に流されないようにしましょう。
思いっきり買い占めてる人もいると思いますが非常用の水は数年持ちますが
水は賞味期限がありますよ

「1~2年も通常レベルよりもずっと高い放射線被曝が続くようなら根本的に移住するなり検討しなければならない」ということです。即ち、現在の「緊急時の規制値に匹敵する被曝」が何ヶ月も何年も続くようなら、やっぱり安全ではないというわけです。

ただし長期化しそうな場合は注意だそうです。

なかなかはっきりとした情報が出ないのでモヤモヤしてる方も多いと思いますが現状はこの程度なんです。
影響が出るかもしれない赤ちゃんに優先的に行き渡るようご配慮を。

WHOの「飲用水の安全性について」は必読 – 大「脳」洋航海記