196 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2010/12/01(水) 22:15:05 ID:DayflOG1
いつのころからか忘れたけど、サンタが親だということには気付いていた。
でもそれを言ったらいけないんだと、なんとなく思っていて
サンタがいるかどうかという話はしたことがなかった。
 
 
小学4年の頃だった。

相変わらずクリスマス前に親はプレゼントの探りを入れてきた。
当時私が欲しかったのは、アコーディオン。
それがどのくらい高価なものかとか、親がどの程度のものなら買ってくれるとか
そんなことは考えたこともない能天気娘だった。

25日、目が覚めると、枕元にアコーディオンはなかった。
吊り下げていた靴下の中には手紙が入っていた。

『メリークリスマス。今年も良い子でしたね。
 あなたはもうずいぶん大きくなりました。そろそろプレゼントは卒業です。
 これからも元気いっぱいな良い子のあなたでいてください。
 サンタさんはいつまでも、空からあなたを見ています。サンタより』

読んだ瞬間、涙が溢れた。

両親や弟は、プレゼントが貰えなくて泣いたと思ったようだが
本当は、嬉しくて涙が止まらなかったんだ。

サンタクロースについて、どう決着をつけるか考えてくれた両親に感動して。
ただ「サンタは親だから」と突き放すだけじゃなく、ちゃんと考えてくれたことが
嬉しかった。

思いっきり父の字の手紙も、丁寧に書こうと震えた字も、嬉しかった。
サンタさんの手紙は、今でも実家の机の引き出しに眠っている。

今、自分の子供は1歳。
我が家のサンタさんは空気が読めないから、あまり気の利いたことはできないだろう。
去年は私もいっぱいいっぱいで、気が付いたら年末だったけど
今年はちゃんとするからね。

とりあえず、プレゼント何にしようかな。

いいお話ですね。

育児板拾い読み@2ch 吊り下げていた靴下の中には手紙が入っていた